☎お問合せは 佐賀女子高等学校 
Tel.0952-24-5341 受付時間/9:30-17:00
HOME▶学校紹介 教育方針・沿革

教育方針・沿革

佐賀女子高等学校 校章
学園訓

順和
優しくて飾り気なく、すなおな心を持ち、社会の規則に従い、いつも仲よくしてたがいに協力しましょう。

礼譲
自分をひかえめにして人に譲り、いつも言動を慎み、端正にして節度を守り、礼儀を忘れず品位を保ってゆきましょう。

敬愛
おたがいに人格を尊重し、自分を尊ぶように人を尊び、自分を愛するように人を愛し、また祖先を敬い子孫を愛しましょう。

奉仕
忍耐強く勤勉にして、まごころをもって人のため国家社会のため、世界のため懸命の努力を捧げ平和をきづいてゆきましょう。

女性像

その人のいるところ常にほのぼのとしたものがただよい、その人は美しいものにすなおに感動し、何人からも何ものからも何かを学びとることのできるすなおな心を持ち、いらだちやつぶやくことなく生きることに感謝できる人。

建学の精神

本学園は、明治30年の学園創立以来今日まで百年有余の長きにわたり、一貫して女子教育の歴史と伝統を築いてきました。学園訓「順和・礼儀・敬愛・奉仕」を根本理念として、それぞれの個性や能力にふさわしい教育によって教養や専門的技能を身につけて、女性としての天分と温かみのある豊かな人間性を養い、家庭生活や地域社会の発展向上に尽くす人材を育成するのが、本学園の建学の精神であります。 「建学の精神」が理想として掲げる目標を、身近な人間の姿として生き生きと描き出したのが「女性像」であり、私たち生徒および教職員一同はこの像を日々思い浮かべることにより、自らを謙虚に顧み、学園生活の改善向上を図ることができます。

校歌

楠の葉かほる筑紫野に
礎かたき歴史のあと
伝えて永久に栄えゆく
我が学び舎に光あり
旭の如き心にて
開け行く世の芸をとり
誠の道を進み行く
我等乙女に望みあり

学園の紹介

学校法人 旭学園
佐賀女子短期大学・佐賀女子短期大学付属佐賀女子高等学校・佐賀女子短期大学付属ふたばこども園・佐賀女子短期大学付属ひしのみこども園

沿革

中島ヤス、近隣子女の切望により家塾を創立。
私たち佐賀女子高等学校の歴史はそこに始まり、120年の伝統を築いています。

明治30年 4 月 中島ヤス近隣子女の切望により家塾を創立
大正12年 4 月 知事認可により佐賀裁縫女学校を設置
昭和 4 年 2 月 文部大臣認可により佐賀高等裁縫女学校を設置
昭和18年 3 月 商業科を併設して佐賀高等実業女学校と改称
昭和21年 3 月 財団法人に組織変更し、校名を佐賀旭高等女学校と改称
昭和23年 4 月 新学制により校名を佐賀旭高等学校と改称
昭和32年 4 月 普通科を増設
昭和41年 4 月 文部大臣認可により佐賀女子短期大学家政学科を開設し、学校法人の名称を旭学園に改称、高等学校の校名を佐賀女子高等学校と改称し、
被服科を家政科に変更、衛生看護科並びに家政専攻科を増設、多久市北多久町に高等学校多久校舎(家政科、商業科、普通科)を開設
昭和42年 4 月 武雄市甘久に高等学校武雄校舎(家政科、商業科、衛生看護科)を開設
昭和43年 4 月 高等学校佐賀校舎に食物科、保育科を増設
昭和45年 4 月 高等学校佐賀校舎に衛生看護専攻科を設置
昭和49年 4 月 高等学校家政科を服飾デザイン科に変更、佐賀校舎に音楽科、インテリア科を増設
昭和53年 4 月 佐賀女子高等学校を佐賀女子短期大学付属佐賀女子高等学校と改称
昭和54年 4 月 服飾デザイン科を服飾科に改称
平成 2 年 4 月 普通科国際コース(特進・留学)新設
平成 3 年 9 月 衛生看護専攻科及び看護校舎完成
平成 4 年 4 月 保育科を普通科保育福祉コースに改編
平成 9 年11月 創立100周年記念式典挙行
平成14年 4 月 佐賀校舎に新制度による5年一貫の看護師コース設置、武雄校舎に新制度による准看護師コース設置
平成15年 4 月 普通科国際コースを進学コースに名称変更
平成16年 4 月 佐賀校舎商業科にトータルビューティコース新設
平成18年 4 月 商業科トータルビジネスコースをキャリアコースに改編
平成20年 4 月 インテリア科をデザイン科に名称変更、音楽科を普通科音楽コースに改編
平成22年 4 月 デザイン科をくらしデザイン科インテリアデザインコースに改編
平成23年 4 月 商業科トータルビューティコースに美容専攻新設、商業科トータルビューティコースを同コースエステティック専攻に名称変更
平成24年 4 月 商業科のキャリアコースをビジネスコースに名称変更
平成25年 4 月 新校舎完成

◀ BACK : TOP ▲