学長 香津子の部屋BLOG_PRESIDENT

2018年07月09日

祈り

日々は祈り  祈りに代償はない  願いは個人的、祈りは普遍的。

普段意識しない「祈り」という言葉に、はっとさせられています。

この数日間の大雨により広域で深刻な被害が発生しています。

今は、学長室の窓から緑の木々と青空が見えます。まるで一見平和に戻ったかのようです。目に見える世界だけで判断してはいけないと自戒しています。

平穏な日常を送っていた方が、危機回避も叶わず、突然、大事な存在や居場所を失う、その痛ましい現実は、物理的距離を超えて、他者の幸せを日々祈る心の中にしか見えてこないのでしょう。

今日、被害地区への支援活動に携わりたいとお休みを取った職員がいます。迅速な行動に頭が下がります。他人事ではなく、いつ自分が被害にあってもおかしくない、その地続きに居て、日々を生きるからこそ、毎日が特別な一日になるのだと気づかされます。

 

 

ページのトップへ

PAGE TOP

ページのトップへ

春のオープンキャンパス

閉じる