入試案内ENTRANCE

特待生制度 一人ひとりの学びを支援する、充実の制度

特待生入試制度(入学時減免制度)

特待生入試制度が復活しました。募集人数は12名!(推薦入試との併願が可能です。)

成績・人物ともに優れた学生の学修活動を、経済面から本学がバックアップする制度です。

入学金と授業料が全額または半額25%免除となり、返還の必要はありません。
※原則として2年間対象となります。

募集人員:
特待生A・B・Cを合わせて 全学科を対象に12名以内
(ただし、特待生Aは3名以内)
選考方法:国語・英語・個人面接
出願期間:平成30年10月22日(月)〜11月2日(金)
試 験 日:平成30年11月11日(日)
出願資格:
①平成31年3月に高等学校または中等教育学校を卒業見込みの者
②高等学校3か条の全体の評定平均値が3.2以上の者

特待生A
全額免除 (124万円)
特待生B
半額免除 (62万円)
特待生C
25%免除 (31万円)

スポーツ特待生入試制度(奨学金支給制度)

優れたスポーツ能力を有するとともに、人物的にも本学学生の模範となることができると 認められる人を、経済面から支援する制度です。

入学後にスポーツを継続することが必要です。対象となるのは、主にバドミントン、バレーボール、バスケットボール、硬式テニスなどですが、それ以外のスポーツでも、入学後、(例えば社会人クラブなどで)練習環境が整う人であれば受験可能です。
※スポーツ特待生A : 2年間対象となります。

募集人員:各学科若干名
選考方法:個人面接・実技試験
出願期間:平成30年10月22日(月)〜11月2日(金)
試 験 日:平成30年11月10日(土)

スポーツ特待生A
授業料の半額 (26万円)
支給 (2年間)
スポーツ特待生B
入学金の半額 (10万円)
支給 (1年間)

「特待生入試制度」「スポーツ特待生入試試験」受験者の特典
 推薦入学試験への移行について(推薦入学試験併願制度)

「特待生入学試験」または「スポーツ特待生入学試験」に不合格になった場合でも、その成績により、推薦入学試験合格者とする制度があります。推薦入学試験の判定を希望する人は、「特待生入学試験願書(スポーツ特待生入学試験願書)」に加えて「推薦入学試験願書」を提出します。その場合、推薦入学試験の検定料は不要です。


一般入試A・B日程特待生制度(入学時減免制度)
大学入試センター試験利用入試Ⅰ・Ⅱ期特待生制度(入学時減免制度)

一般入試および大学入試センター試験の高得点をあげた者に対して、 その学力を評価することで、入学後のさらなる努力を促すための制度です。

一般入試A日程
授業料の半額
(26万円)を免除
一般入試B日程
授業料の半額
(26万円)を免除
大学入試センター試験
Ⅰ期・Ⅱ期
授業料の半額
(26万円)を免除
一般入試A日程 一般入試B日程 大学入試センター試験
Ⅰ期・Ⅱ期
授業料の半額
(26万円)を免除
授業料の半額
(26万円)を免除
授業料の半額
(26万円)を免除

各種奨学生制度

人物・成績ともに優秀でありながら、経済的理由により学業を続けることが難しい学生に対して、奨学生制度が設けられています。 本学独自の奨学生制度、日本学生支援機構奨学金制度、地方公共団体による奨学金制度などさまざまな奨学生制度を準備して、学生の向上心を経済的にバックアップしています。

 ※奨学金の担当窓口は学生支援課です。入学後に説明会を開催いたします。その後の連絡については学内に掲示いたします。

旭学園創立120周年記念 特別奨学生制度

旭学園創立120周年を記念して、「120周年記念特別奨学生制度」を設けました。 下記の出願資格を有する受験生全員が対象となる本学独自の奨学生制度です。

なお、記念事業のため、平成32年度入学までの奨学生制度となります。

※S奨学生・A奨学生の方は、「合格者の皆さんへ」添付の「特別奨学生申請書」を必ずご提出ください。
※重複申請はできませんのでご注意ください。


ページのトップへ

PAGE TOP

ページのトップへ

ミニオープンキャンパス

閉じる