新着情報NEWS

2016年09月30日

【学生ボランティア】リレーフォーライフジャパン2016佐賀に参加しました。

リレー・フォー・ライフは、がん征圧を目指し、がん患者や家族、支援者らが夜通し交代で歩き、勇気と希望を分かち合う30年前にアメリカで始まった24時間チャリティーイベントです。日本では、今年が10年目を迎える記念の年となっています。

このイベントは、増え続けるがんについて社会的関心を喚起し、がんを恐れない社会の構築をめざしています。がん患者やその家族・支援者の方々を讃え支え、がんに立ち向かう勇気を培って行きます。がんで亡くなられた方々を偲び、悲しみを分かち合います。正しいがん知識を身につけていただく啓発活動を行います。そしてイベントを通して集められた寄付金の一部は、がん治療研究の基金として活用されます。

平成28年9月24日(土)12時~9月25日(日)12時までの24時間開催されました。佐賀では2回目の開催です。

昨年参加者から「保護者等に着いてきた子どもたちがゆっくり休憩したり、保護者ががんに関する講座を聞いたり、ブースを回る少しの間だけでも子どもたちが安心して遊べるところがあればよかった」等の声が聞かれ、今回は佐賀女子短期大学に子どもブース協力依頼がありました。

短大からブロック、折り紙、お絵かきグッズ等を持参し、市民から風船やシャボン玉の差し入れもあり、このブースには2日間子どもたちがひっきりなしに遊びに来てくれました。

また、保護者同士も腰を下ろして歓談し笑顔になる場面もあり、ボランティアに参加してブースを作ってよかったという学生の感想もありました。

また、実際にがんの治療を受けている方や、ご家族、医療関係者等、様々な背景のある参加者と交流することで、年に一度は検診を受けて、自分の体を大切にしようという意識を持つようにもなりました。

実行委員会やボランティアの皆さま、2000人の来場者の皆さま、良い機会を与えていただきましてありがとうございました。

ページのトップへ

PAGE TOP

ページのトップへ