新着情報NEWS

2016年10月03日

【学生ボランティア部Sun-Kissed】第9回九州脊梁山脈トレイルラン大会運営ボランティアに参加しました。

平成28年10月1日~2日 第9回九州脊梁山脈トレイルラン大会に行きました。

熊本県山都町緑川地区は熊本地震と、その後の豪雨による土砂災害で集落が数週間孤立した地域です。高齢の方の多い地域で復旧も大変のようです。

トレイルランは9回目の開催でこれまでは地域ボランティアを中心に運営していましたが、今回は震災のため住民は復旧活動等で参加が難しく開催も危ぶまれたそうです。

そこで今回は県外等から運営ボランティアを募ることで開催が実現したそうです。

本学からは学生3名と職員が参加しました。大自然を舞台にした大掛かりな大会は初めてで、初心者の私たちにできることがあるのか心配でしたが、記録係等責任のある仕事を任せていただき、実行委員の皆さんにご指導を受けながらまっとうすることができました。

10/1は選手、地域、行政、ボランティア等が交流する前夜祭が行われ、本学学生は前夜祭の準備、運営、片付けを通して参加者との交流をしました。会の途中で佐賀から参加しているボランティアを紹介してもらい、学生も各自自己紹介をしました。

10/2は4:20集合で、まず選手の朝食準備の補助、受付業務、選手の荷物預かりを担当しました。

選手がスタートした後は、記録業務、ゴールテープ等を任されました。学生も緊張した表情でしたが無事終わりました。

終了後はテントの片付けも学生が率先して動き、帰りに山都町の方から

「佐賀からボランティアが来てくれなかったら運営ができなかった。」

「助かった、動きがすばらしかった。」等の言葉を学生にもかけていただきました。

学生も「地域の方や選手と交流ができて参加してよかった。」と話していました。

今後も、直接的な復旧作業ばかりでなく、熊本の方が地震の影響であきらめそうになることが、もしかしたら私たちにできることであきらめずに済むことがあるのならばお手伝いさせていただくことも復興支援につながるのではないかと感じた運営ボランティアでした。

ページのトップへ

PAGE TOP

ページのトップへ

LINEはじめました 佐賀女子短期大学の最新情報やイベント案内を配信中!

閉じる