新着情報NEWS

2016年10月05日

【生涯学習センター】クリーンエネルギー研修エコツアー

クリーンエネルギー研修エコツアー

10月4日(火)橋本辰夫先生による「クリーンエネルギー研修エコツアー」が開講されました。

今回はエネルギーに関する施設を見学するエコツアー。1箇所目は神崎町の吉野ヶ里メガソーラー発電所を訪問しました。吉野ヶ里歴史公園に隣接する、背振山系を臨む広大な敷地。小高い展望台に上ると、一面のソーラーパネルを見渡すことができます。田園風景を損なわないように太陽電池パネルが低く設置されていたり、周囲の柵も自然素材が使われているなど、外観にはとても配慮されています。情報発信施設「てるてるの森」で紹介動画を見た後は、エネルギー問題や地球温暖化について受講者のみなさんから活発に質疑がなされました。

 その後は佐賀市清掃工場を訪れました。ごみの処理施設というよりは、環境を学ぶ施設といった印象です。実際に、排出される有害物質を取り除く高い技術があるだけではなく、発生するものが利活用されています。最新の話題は焼却の際に発生する二酸化炭素を取り出して藻類の培養に取り組む事業です。部屋で説明を聞いたあと、施設内のいろんな箇所を見学しました。

 「ここは一般の方はなかなか来れない場所ですが」と案内くださった屋上へ上がると、二酸化炭素を取り出すプラントが見えます。その二酸化炭素はパイプで少し離れたハウスへと繋がっているそうで、その出来たばかりのハウスの中には藻類の「ヘマトコッカス」の赤い色が見えました。抗酸化物質のアスタキサンチンが抽出されるそうで、受講生の皆さんも感心しきりでした。

 いろんな角度から持続可能な社会について知ることができたエコツアーでした。講師の橋本先生には大変お世話になりました。

ページのトップへ

PAGE TOP

ページのトップへ