新着情報NEWS

2016年12月15日

【COC+コラボ 講義「旭の女性とみらい」が開講されています】

今年度開講した「旭の女性とみらい」の授業は、「未来の人間力としての女子力を育てる」をテーマに、伝統的な日本文化をベースにした豊かな感性とスキルの習得をめざしています。

うれしの茶研修、着付け、小物作り(手縫い)、ペン習字、化粧を1年生全員が受講しています。

【5月 うれしの茶研修】

嬉野市の協力により、1年生全員が佐賀の特産である嬉野茶の茶葉を摘み、釜で炒り、手で揉みさらに乾燥させるという一連の流れを体験しました。

佐賀県茶業試験場では施設の概要やお茶の種類等の説明を受け、実際に茶葉を手で摘みました。

その茶葉を持って嬉野市茶業研修施設JAさが嬉茶楽館(きんさらんかん)へ移動し、摘んだ茶葉を釜で炒りました。炒った茶葉を手で揉みさらに炒りました。

最後に美味しいお茶の淹れ方を日本茶インストラクターの方に教えてもらいました。茶葉の量やお湯の温度、蒸らし方等に気をつけながら淹れてみると、今まで飲んでいたお茶の味とは全く違う旨みのあるものでした。

1600年代に嬉野茶の茶祖が植えたといわれる大茶樹も見学し、佐賀の特産である嬉野茶の歴史からお茶ができるまでの一連の流れを知り、さらに美味しいお茶の淹れ方を知ることでポスピタリティを学ぶことができました。

【着付け】

小袖の着付けを相モデル(二人組)で練習します。

自分自身で、浴衣を含めた簡単な着物が着られるようにします。

【小物つくり】

「和の心」を育むために、布、針、糸を用いた作品作りを行います。すなわち、小物づくりグループでは、縫い物を行います。具体的な作品として「花ふきん」を作成します。

【ペン習字】
ひらがなの成り立ちや、はね、とめ等基礎的なことを学んだ後、のし袋(冠婚葬祭)の書き方や、封書の書き方(個人宛て、企業宛て)、結婚式の招待状の返信はがきの書き方など社会に出てから役立つ内容を学びました。

【化粧】

肌についての基礎的な内容を学び、眉の書き方など身だしなみとしての化粧について講義を受け、鏡を見ながら自分の顔で実際にメイクをして体感しました。

ページのトップへ

PAGE TOP

ページのトップへ

LINEはじめました 佐賀女子短期大学の最新情報やイベント案内を配信中!

閉じる