新着情報NEWS

2017年01月28日

【学生ボランティア】「熊本地震復興支援ネットワークフォーラムIN佐賀」で活動報告をしました。

学生ボランティア部「Sun-Kissed」が熊本地震後の4月から活動してきたことや、今後の取り組みについて、佐賀大学鍋島キャンパス臨床講堂で発表させていただきました。

当日は県内のみならず、下関や福岡など県外からの聴講もあり、発表後は同時開催していた南阿蘇村在住の写真家 長野良市さんの「ゼロの写真展」を拝見しながら、参加者同士の交流の機会もありました。

活動報告は 初めに九州大学 杉本めぐみ先生より熊本地震・被災地支援大学間ネットワーク会議についての趣旨説明がありました。

続いて、東海大学阿蘇キャンパスで被災した学生達が立ち上げた団体「Seeding Support of Japan」の 石田勇以さん、吉田渉平さんによる「阿蘇・熊本地震の現状と団体の活動報告」と題した基調講演があり、南阿蘇村などの仮設住宅の現状や今後情報発信も被災した自分たちの役目であること等が赤裸々に伝えられました。

その後各大学や市民の取組について発表されました。

・司会進行は坂田果穂さん(佐賀大学教育学部)

・九州・沖縄エリア学生間ネットワーク 「こあ」北九州市立大学 前田謙さん

・佐賀女子短期大学 学生ボランティア部「Sun-Kissed」

野田侑里さん、岡本萌果さん、組脇えりかさん、山口恵利佳さん

・九州学生復興支援プロジェクト「お結び」長崎支部 長崎大学 伊藤大悟さん

・「佐賀から元気を送ろうキャンペーン」佐賀市役所 田上賢吾さん

・佐賀県立小城高等学校 泉 るなさん ギター弾き語りによる報告「This Time」

・参加者情報交換会

参加者から「熊本地震後いろいろな活動が行われていることがわかった。」「現地に行くことができず無力感があったが、佐賀からもできることを探して支援したい。」「南阿蘇村でいちご狩りが今年もできることを知った。」などの感想が聞かれました。

今後も復興支援活動と共に、活動報告等を通して熊本地震のことを忘れない活動につなげることが大切だと感じました。

このフォーラムの様子を「佐賀未来創造基金」のHPにも載せていただいています。ぜひご覧下さい。

http://www.saga-mirai.jp/information/2017/01/001007.html

佐賀新聞にも掲載されました。

http://www.saga-s.co.jp/news/saga/10105/400571

 

ページのトップへ

PAGE TOP

ページのトップへ