新着情報NEWS

2017年05月18日

【COC+関連】白石町玉ねぎ収穫と選別作業。(食とヘルスマネジメントコース1年)

5月16日、地域みらい学科食とヘルスマネジメントコース1年生は連携先の白石町やJAの協力で玉ねぎの収穫と選別の体験学習を行いました。

玉ねぎの葉と根をハサミで一つずつ切り落とす作業は根気がいりました。

しかし今は切り落とす作業以外は機械が導入され、選果場に運ぶコンテナに玉ねぎを入れる作業は機械がしてくれました。また、玉ねぎに被せてあるシートも機械が巻き取っていました。

収穫作業は白石町長や佐賀県知事、地元の六角保育園の年長さんも体験され、学生は交流しながら作業に取り組んでいました。

選別作業も機械でサイズ別に箱に入ったものを封し、サイズ別のコーナーに積んでいきます。こちらは休むことなく機械が動くので箱を運ぶのは重労働です。しかし、積み分けた箱はフォークリフトで女性でも運ぶことができます。

「農作業は重労働で大変」と思いがちですが、機械が入り作業が効率的になっていることも知りました。

農家の若い女性からは「種を蒔いて、どんどん育ち、旨みも出て食す過程が楽しくて、おもしろくて、いい仕事だと思う。」と話してくださいました。

作業のあとは採れたての玉ねぎを炭で焼いて食べました。新鮮で甘くてうまみがあり贅沢な料理となりました。また、学生が作業をしている間に、本学の食とヘルスマネジメントコースの教員が白石の特産を利用した味噌汁、肉じゃがを昼食に作ってくれ、知事や保育園児など参加したみんなでいただきました。

学生の中には農作業が楽しかった、もっと手伝いたいといって、今後自主的に作業に行く勢いで帰りました。

参加した学生は将来栄養士など食に関する職業に就きます。前回の田植えや今回の玉ねぎ収穫等を通して、料理を作るだけでなく、食育のみならず、農についても啓蒙できる専門家になり、地域に貢献してほしいと願っています。

白石町、JA、佐賀県等関係者の皆さまありがとうございました。

ページのトップへ

PAGE TOP

ページのトップへ

LINEはじめました 佐賀女子短期大学の最新情報やイベント案内を配信中!

閉じる