新着情報NEWS

2017年06月29日

トビタテ留学JAPAN日本代表プログラムの派遣留学生に選ばれました。

地域みらい学科2年川﨑美代子さんがトビタテ留学JAPAN日本代表プログラム「世界とともに発展するSAGANグローバル人材育成事業」への採用されました。

6月27日、本学学長室にて、南里悦史学長より、川﨑さんに採用決定通知が手渡され激励の言葉をいただきました。

全国の短期大学からの採用は第1期から第7期までで7短大11人のみです。その中に入ることができました。

この事業は佐賀県地域の産学官金労言が主体となり、海外留学・インターンシップと地域企業等でのインターンシップを組み合わせた地域の課題解決を主題としたプログラムを実施し、地域及び産業界が求めるグローバル人材の育成と県内定住、及び佐賀県地域の企業等の海外展開や地域での多文化共生社会の推進による県地域の活性化を目指すものです。

佐賀県地域の企業等に就職する等、将来の佐賀県地域の発展に貢献することを希望する学生が対象です。

川﨑さんは県内では認定NPO法人地球市民の会で国際協力や国内事業のインターンシップに臨み、9月から4ヶ月間カナダに留学し、語学のみならず多文化共生についての調査や、地域のボランティア活動にも参加し交流のあり方を調査し帰国します。

将来は県内の留学生と企業をつなぐ職業や、次世代を担う佐賀の子どもたちに語学だけでなく他国の文化等を伝え、佐賀の多文化共生の基礎作りに貢献したいという志をもっています。

http://tobitate.ryugaku.saga-u.ac.jp/index.html

ページのトップへ

PAGE TOP

ページのトップへ

LINEはじめました 佐賀女子短期大学の最新情報やイベント案内を配信中!

閉じる