新着情報NEWS

2017年10月04日

乳児心肺蘇生法を学びました。

佐賀大学医学部の吉田和代先生より、こども未来学科2年の「乳児と看護」と「保育課程論」の授業の中で乳児に特化した心肺蘇生法の講義と実習をご教示いただきました。

子どもへのAEDの使い方も教えていただきました。大人用を使うなら、心臓を挟むようにパットを胸と背中に貼れば重ならずに使用できること、子ども用のAEDは大人には使用できないが、大人用のAEDは子どもに使用することもできるなど、知らないことばかりでした。

2年生は今月幼稚園・小学校実習が入っています。また卒業後は保育・教育施設で働く学生が多いです。子どもに事故がないことが一番いいことです。そのためにも事故が起きないように日頃から予防をし、環境を整えておくことが大切ですが、現場では何が起こるかわかりません。

緊急時にも対応ができるように心肺蘇生法なども今後復習をしたり、機会があれば講習に参加するなど、継続して勉強しておく必要があると学生が感想を述べていました。

ページのトップへ

PAGE TOP

ページのトップへ

LINEはじめました 佐賀女子短期大学の最新情報やイベント案内を配信中!

閉じる