新着情報NEWS

2017年10月09日

【生涯学習センター】三行半を突き付ける!

三行半を突き付ける!~江戸時代のライフコース~

10月7日(土)13:30~15:00 久保知里先生による「三行半を突き付ける!~江戸時代のライフコース~」が開講されました。

江戸時代の人々、特に女性の焦点を当て、どのようなライフコース(一生)を辿ったのかを結婚をキーワードにして見ていきました。“貞女二夫に見えず”というイメージもある江戸時代の女性ですが、当時離縁も再婚もタブー視されてはいません。しかし、再婚をするためには離縁状、つまり三行り半が必要となってきます。まず三行り半を古文書史料を見ながら読み解き、内容が離婚文言+再婚許可文言であることを確認しました。この三行り半は、離婚をした人々にとって、江戸時代の人々が目指すライフコースを過ごすために必要な文書でした。今回は三行り半の内容からも、江戸時代の女性が男性に虐げられた存在であったとは言えないことも紹介しました。

ページのトップへ

PAGE TOP

ページのトップへ

LINEはじめました 佐賀女子短期大学の最新情報やイベント案内を配信中!

閉じる