新着情報NEWS

2017年11月14日

「嬉野デザインウィーク2017」着物でまち歩き!!

嬉野市からお招きをうけ、学生が嬉野デザインウィーク2017の中の「嬉野ピーヒャラ」というパレードに参加しました。

学生は着物を着て、地元の方や篠笛奏者の佐藤和哉さんらゲストと一緒に「上を向いて歩こう」を奏でながら嬉野温泉公園から豊玉姫神社まで数百人で練り歩きました。

着物姿の学生が町を散策すると場が華やぎ、観光客や子どもたちに大人気。

外国からのお客様に記念撮影をリクエストされ、韓国に留学していた学生は韓国語で対応している姿が頼もしかったです。

また、保育を学ぶ学生は、観客の子どもたちとコミュニケーションを取り、すぐに仲良くなっていました。

ピーヒャラで町を練り歩く時は、子どもたちから学生の持っている楽器に興味を持ち、学生は臨機応変に子どもの歩調にあわせ笑顔で一緒に太鼓を叩いて歩いていました。

アイドルやプロの演奏家の華やかな舞台が進行される中、本学の学生は一般のお客様に、まちなかで日本の良さや嬉野の良さが伝わる雰囲気作りに徹し、縁の下の力持ちの振る舞いができていました。

とても寒い一日でしたが、数百人で音楽を奏でながら町を歩き、音楽が街中に響き渡る空間は心が温かくなり、人の笑顔が街中にあふれていました。

ページのトップへ

PAGE TOP

ページのトップへ

LINEはじめました 佐賀女子短期大学の最新情報やイベント案内を配信中!

閉じる