新着情報NEWS

2018年10月31日

日本語スピーチコンテストで審査員特別賞を獲得

 本学のダブルディグリー生の韓国人留学生朴ソヨンさんは、10月28日(日)、鳥栖のCODO外語観光専門で行われた佐賀県国際交流協会主催の第3回外国人による佐賀さいこう!『日本語スピーチコンテスト』において、審査員特別賞を獲得しました。スピーチの題は、「ゾンビの夢」で、日本に留学する前の自分は生きていても生きていない、まるでゾンビのようだったが、日本に留学して来て、初めて、自分らしい生き方をしていると語りました。成人部門は彼女を含めて、12名の参加者があり、金賞、銀賞、銅賞、未来賞には入りませんでしたが、とても印象的なスピーチだったということで、審査員特別賞を獲得しました。

 ちなみに、金賞はネパール出身のセン・ブワンさんで「私が知っている日本」、銀賞はスリランカのパーギャ・マドゥマーリで「日本のお年寄り」、銅賞はバングラディッシュのホサイン・モハマド・ファイサルさんで「日本の教育」、未来賞はスリランカのウェラトンガ・カウィンド・ラクシタさんで「日本人へのメッセージ」でした。

ページのトップへ

PAGE TOP

ページのトップへ

ミニオープンキャンパス

閉じる