新着情報NEWS

2018年11月12日

【生涯学習センター】江戸時代の食事

【歴史講座】江戸時代の食事~日本人は何を食べて来たのか~

11月9日(金)10:30~12:00 久保知里先生による「江戸時代の食事~日本人は何を食べて来たのか~」が開講されました。

日本の主食といえばコメ!また、ご飯(米)、お味噌汁などの汁物におかずという一汁三菜(五菜)+ご飯などの食事はいつ頃から食べ始めてきたのか。そもそも三食食べるようになったのはいつ頃なのか、といった疑問をスタートにお話をしました。

 日本へのコメの伝来、それ以前の食事。少し時間をおいて、江戸時代の献立を古文書史料も用いつつ、実際のものを見ていきました。

 そうすると、現在の私たちの食事に近づいたのは江戸時代であり、食事を文化・娯楽として享受できる社会状況が背景にあったことなどを紹介しました。

ページのトップへ

PAGE TOP

ページのトップへ

ミニオープンキャンパス

閉じる