新着情報NEWS

2018年12月13日

「旭の女性とみらい」着物でまち歩き~佐賀市編~&ヒューマンアカデミー佐賀校との交流授業

30.12.8(土)

「旭の女性とみらい」の授業の一環で着物の着付け体験と、佐賀市内のまち歩きを実施しました。

今回は佐賀市バルーンミュージアムを会場に着付けの講義を受けました。また、同ビル内の日本語学校「ヒューマンアカデミー佐賀校」の女子生徒さん5名にも日本文化体験として参加していただきました。

講師は本学の非常勤講師であるビューティック二葉の荒川国子先生です。

「肌襦袢は建物の基礎と同じなのでシワを伸ばして綺麗に着ましょう。」というアドバイスから始まり、「長襦袢、腰ひも、伊達じめ、半幅帯、帯締め、おはしょり」などと学生や留学生にとっては聞き慣れない言葉が並びます。

学生はペアになり、一人は自分で着付けに挑戦し、もう一人は裾や袖を持ったり、紐を渡したりとサポートしながら、先生の一つひとつの説明を見ながら完成させていきます。

着付けが終わると先生から着物を着た時の簡単な所作を教えていただき、いよいよまち歩きです。会場近くの佐嘉神社、松原神社、カッパの像のある川辺、佐賀の偉人のモニュメント、656広場、柳町などを散策しました。

女子学生が数十人着物で歩いているので、通りがかりの人から「何かあっているのですか?」「華やかね。」「寒くないですか?」「きれいですね。」など声をかけていただいていました。

県外出身の学生は

「佐賀のまちなかに、こんなに風情豊かなところがあったり、おしゃれなお店があったり、イベントスペースがあることを初めて知りました。」と話していました。

ヒューマンアカデミーの生徒さんも写真をたくさん撮って喜んでもらっていたようです。

学生も留学生もそれぞれが佐賀の魅力を感じてくれる時間にもなったようです。

ご協力いただきました佐賀市役所商業振興課様、ヒューマンアカデミー様、ビューティック二葉様ありがとうございました。

ページのトップへ

PAGE TOP

ページのトップへ

ミニオープンキャンパス

閉じる