新着情報NEWS

2019年04月26日

新たにダブルディグリープログラム協定を結びました

馬山大学(韓国)と新たに協定を結びました

4月24日、韓国馬山市にある馬山大学に学長・副学長(現代韓国文化研究センター長)が訪問し、大学間交流とダブルディグリープログラムに関する協定を結びました。

本学は短大で唯一、韓国とのダブルディグリープログラムを実施し、最短2年間で韓国の大学と本学を卒業することが可能です。また保育士や栄養士など専門職資格取得を目指す学生も長期履修プログラムを使うことで、ダブルディグリー留学が可能です。

現在、蔚山科学大学、翰林聖心大学とダブルディグリープログラム協定を結び、両校の学生が日本・韓国で学んでいます。

今回、新たに馬山大学と協定を締結し、さらに留学先が増え、学生の学びを広めることができました。今後も両校の親交のもとで、学生が豊かな学びをできるように活動していきます。

なお、協定の様子が韓国のメディアに紹介されています(ハングルなのですが、紹介します)。

https://m.news.naver.com/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=003&aid=0009193539

東洲大学、東義科学大学、東義大学にも表敬訪問しました

東洲大学、東義科学大学、東義大学にも表敬訪問し、今後の交流発展に向け、有意義な情報交換をすることができました。

今後の進展にご期待ください!

ページのトップへ

PAGE TOP

ページのトップへ