新着情報NEWS

2019年05月27日

第2回「楽しい韓国語」中・高校生韓国語スピーチコンテスト、大盛況のうちに終了しました!

5月26日(日)佐賀女子高等学校さつきホールにて、本学現代韓国文化研究センター主催の第2回「楽しい韓国語」中・高校生韓国語スピーチコンテストを開催しました。

コンテストでは2人組で共通台本と自由演技を合わせて演じる【スキット部門】と4分以内で発表する【スピーチ部門】の2部門が行われました。佐賀県・長崎県・福岡県・広島県から32名の中・高校生が参加し、日ごろの練習の成果を発揮してくれました。

審査員には現代韓国文化研究センターメンバーのほかに、㈱グローバル人材開発のパク・ミョンマン様、明知大学校国際交流院のチョン・ギュサン様、名護屋城博物館国際交流員キム・ハウン様をお迎えし、厳正な審査をしていただきました。

また、来賓には駐福岡大韓民国総領事館より領事のパク・ゼサム様、(株)西日本旅行代表取締役社長 橋本巌様、明知大学校よりミン・ウグン様がご臨席くださいました。

<大会結果>スキット部門

<最優秀賞>

羽根 風歌(福岡第一高等学校 3年)

石橋 鈴(福岡第一高等学校 3年)ペア

<優秀賞>    

保田 美波(筑紫女学園高等学校 2年)

脇坂 琴(筑紫女学園高等学校 2年)ペア

<奨励賞>     

 西村 心里(佐世保商業高等学校 2年)

古賀 美月(佐世保商業高等学校 2年)ペア

 

上位受賞者は、課題台本「文化のある日」にちなんで、それぞれ手作りの小道具や紙芝居、ダンスなどを取り入れた工夫の感じる演技でした。

スピーチ部門

<最優秀賞>

原田 樹音 (佐賀女子高等学校 3年)

題目「友達が教えてくれた」

<優秀賞>

石倉 愛美 (城南高等学校(福岡県) 3年)

題目「韓国料理に魅せられて」

<奨励賞>

池田 凛(佐世保商業高等学校 2年)

題目「原動力」

 

スピーチ部門では「自分と韓国に関すること」内容でテーマを決めて発表してもらいました。参加者たちの想いや韓国が大好きなことが伝わる部門でした。


各部門の受賞者には佐賀~仁川往復航空ペア券、カメリアライン特室ツイン乗船券、博多~釜山ビートル乗船ペア券、西日本旅行・宿泊券、韓国語電子辞書など豪華な副賞が贈られました。

協賛いただきました㈱ティーウェイ航空様、培材大学校様、JR九州高速船株式会社様、カメリアライン株式会社様、㈱西日本旅行様、誠にありがとうございました。

 

来年も韓国語スピーチコンテストは開催予定です。

惜しくも入賞を逃した参加者のみなさん、次回もぜひ挑戦して下さい。

たくさんの中・高校生のみなさんの参加をお待ちしています!

ページのトップへ

PAGE TOP

ページのトップへ

ミニオープンキャンパス

閉じる