新着情報NEWS

2019年07月16日

棚田ボランティア 佐賀市富士町関屋

佐賀女子短大は、佐賀市富士町関屋で棚田ボランティアを行っています。

佐賀の風物詩のひとつ棚田。その担い手は年々減少傾向にあり、その存続が危ぶまれる地域もあるそうです。そこで佐賀県の後押しを受け、棚田と企業や団体がマッチングを行い、それぞれに活動しています。本学は「関屋そばの会」のみなさんと一緒に活動中です(2019年3月7日協定式)。

5月から月1回、関屋の棚田を訪れ、落花生を育てています。

5月 畑の準備&種まき

6月 草取り&補植(うまく芽が出なかった箇所へ余分のものを植える)

7月 マルチはぎ&草取り

と活動中です。

日本語別科生(ミャンマー6名、台湾1名)の留学生&学生ボランティア部サンキストメンバー&ボランティア学生で、活動中です。日本語別科生は「日本文化体験」という授業の一環で日本(佐賀)の特色を踏まえた文化の体験、交流をしています。

関屋そばの会のみなさんから手ほどきを受けながら、落花生のお手入れをまず行います。

作業後は関屋のお母さんたちが準備してくれるお昼ご飯をみんなでワイワイといただきます。留学生や学生、関屋の方と色々な話で毎回楽しみながら、モリモリご飯をいただいています!

言葉や文化、生活の違いを交流のなかから再認識し、留学生たちも日本文化への理解を深めています。

関屋のみなさんが、黒板でお出迎えをしていただいていて感動!

のものに、フィリピンからの留学生がタガログ語紹介をはじめたりと自由なお昼です!

8月は草取り、9月は収穫!!

収穫した落花生はその場で茹ででいただきます!!

そして!たくさん収穫できたら、11月16日のかささぎ祭で、収穫した落花生の販売や関屋の棚田紹介等を実施する予定です。

情報はまた更新します!

※佐賀女子短大 社会連携室インスタでも情報公開中!

産学&社会連携室(@sajo_renkei) https://www.instagram.com/sajo_renkei/

ページのトップへ

PAGE TOP

ページのトップへ

ミニオープンキャンパス

閉じる