新着情報NEWS

2019年09月13日

「2019年度 タイ車いすプロジェクト」車いす贈呈式&車いす磨き

 2019年9月6日(金)に、「2019年度 タイ車いすプロジェクト」でタイに持参する車いすの贈呈式と車いす磨きが行われ、福祉とソーシャルケアコースの2年生6名と1年生1名、別科生1名が参加しました。2年生6名のうち5名が、タイに車いすを届けます。

車いす贈呈式(佐賀整肢学園オークス)

 車いす8台を譲っていただきました。軽量の車いすが多く、こども用の車いすは特にタイでは喜ばれます。

 譲っていただいた車いすについての説明を受け、利用者の方やご協力いただいた皆様の思いも一緒に届けなければならないと感じました。

車いす磨き(春日北小学校)

 車いすを届けるタイについて、フィリピンからの留学生に紹介してもらいました。

 汚れやすい場所や磨く際のポイントについて、車いすユーザーから直接指導を受け、汗をかきながら一生懸命磨きました。

 8つのグループに分かれて、車いすを磨きました。ブルーシートは、春日北公民館の皆様が準備してくださいました。ありがとうございました。

 雑巾や使用済みの歯ブラシ、綿棒など、たくさんの道具を使って磨いていました。ミャンマーからの留学生も日本のこどもたちとの交流が貴重な体験になったようです。

 タイヤや附属の部品を取り外して、隅々までピカピカに磨きました。「新品みたい!」という声も聞かれました。

 春日北小学校の3年生78人と教職員の皆様、春日北公民館の皆様、その他本プロジェクトにご協力いただいている多くの皆様に感謝いたします。ありがとうございました。

 「2019年度 タイ車いすプロジェクト」10月18日(金)~23日(水)では、参加する一人ひとりの学生が車いすに乗って福岡空港まで移動し、当事者の視点でバリアフリーやユニバーサルデザインについて考えます。また、タイのチェンマイでは、タイ国政府医療センターや障がい者の作業所などを見学し、現地タイの皆様や支援を行っているヒーリングファミリー財団の皆様と交流する予定です。

 現地での活動につきましては、また帰国後に報告いたします。

ページのトップへ

PAGE TOP

ページのトップへ

ミニオープンキャンパス

閉じる