新着情報NEWS

2020年01月14日

第4回日韓合同産学連携シンポジウムを行いました

1月12日(日)4号館431教室にて現代韓国文化研究センターと蔚山科学大学創業教育センター共催の「第4次産業革命の時代における日韓の短期大学教育―課題発見解決型教育と起業/創業教育―」をテーマにした日韓合同産学連携シンポジウムを開催しました。

韓国からは蔚山科学大学から学生9名と教職員4名、漢陽女子大学から学生5名と教員3名が来日し、本学からは学生14名と教職員5名、香蘭女子短期大学の教員1名が参加して日韓の学生と教職員による発表が行われました。

第1部 グローバルビジネスプランコンテスト             ー地域振興のための起業・創業・地域連携―

第1部では、日韓学生合同の6グループによるビジネスプランの発表と本学の学生2グループによる地域連携活動の報告を行いました。

発表では、プラスチックごみ削減のための塩、火災や自転車事故を防ぐための製品開発など、多くのグループが社会問題の解決策となるビジネスプランを提案しました。本学学生はプレゼンテーションにおける通訳を担当しました。

第2部 シンポジウム ー第4次革命時代における日韓の短期大学教育―

日韓の教員5名による発表が行われました。

①4次産業革命の教育と地方大学の未来 アン・ジョンヨル 蔚山科学大学電子電機工学部教授

②大学の創業教育に関する地方大学の現状と未来  ユ・サンヨン 蔚山科学大学人材開発処副処長

③創業教育に関する 短期大学の現状-漢陽女子大学を中心に-  ユン・ミキョン 漢陽女子大学 創業センター長

④ 香蘭女子短期大学の課題解決型教育プログラム  中濱雄一郎 香蘭女子短期大学学生部長

⑤佐賀女子短期大学の地域志向型教育プログラム  久保知里 佐賀女子短期大学キャリア支援センター次長

シンポジウム後は第1部のビジネスプランコンテストの結果発表では、長澤雅春センター長(現代韓国文化研究センター)から表彰状が贈られ、横尾敏史氏(NPO法人NPO鳳雛塾ファウンダー、佐賀銀行営業統括部兼総合企画部主任調査役)による講評並びに基調報告が行われました。

 

<最優秀賞>

・漢陽女子大学・佐賀女子短期大学チーム Innovation design

<優秀賞>

・蔚山科学大学・・佐賀女子短期大学チーム Meister

・漢陽女子大学・佐賀女子短期大学チーム IDEADESIGN

<奨励賞>

・蔚山科学大学・・佐賀女子短期大学チーム Chemduct

日韓短大教育をテーマに質疑応答や意見交換を交わし、有意義な時間となりました。

横尾敏史氏による学生発表の講評並びに基調報告

ページのトップへ

PAGE TOP

ページのトップへ

オープンキャンパス

閉じる