新着情報NEWS

2020年09月03日

食とヘルスマネジメントコースの授業をご紹介!②

食とヘルスマネジメントコースの授業から、今回は「栄養指導論実習」をご紹介します。

 

栄養指導論実習では、栄養指導の対象となる人または集団の特性(身体状況、健康状態など)を理解し、それに応じた指導方法などを学びます。

 

例えば、小中学生に対しては、成長期に必要な栄養素や望ましい食生活について、病気の方には、症状を改善するため食事や生活習慣についてのお話をします。

 

前回ご紹介した「臨床栄養学実習」とも深く繋がりのある実習です。

 

そして、この栄養指導論実習で一番大切なことは、何と言ってもコミュニケーション力!

 

話の中から食生活や運動習慣などの大切な情報を得ること、対象者との信頼関係を築くこと。

これらの方法を学び、ロールプレイ形式で実践することでコミュニケーション力を高めていきます。

 

少し難しく思われたかもしれませんが、栄養士にとって、栄養指導は大事なスキルであり、やりがいを感じる業務です。

 

2年次の1年間、じっくり、しっかりと学びます。栄養士の仕事の楽しさ、奥深さを実感することができると思いますよ!

ページのトップへ

PAGE TOP

ページのトップへ