新着情報NEWS

2020年10月13日

【授業紹介】佐賀を歩く〜武雄歴史ウォーキング〜

地域みらい学科、こども未来学科の1年生が履修する「佐賀を歩く」は地域理解を深めつつ、地域社会の課題への気付き等をする授業です。

今年も、「道の駅」「干拓」「郷土料理」「子育て支援」「サガライトファンタジー」など、テーマ毎に別れた活動が始まりました!

そのなかでも武雄で活動するチームが「武雄歴史ウォーキング」に参加!

武雄市図書館・歴史資料館(エポカル武雄)の20周年記念イベントの一環として開催されたウォーキングイベントに地域みらい学科&こども未来学科の学生15名が午前・午後に分かれて参加しました。

佐賀女子短大が連携協定を結ぶ武雄市では、毎年多くの学びの場を提供いただいています。

今回は受付のお手伝いもしました。

約1時間半かけて、学芸員さんの解説を受けながら、スポットを巡りました。

武雄で育った学生、県外からはじめて武雄に来た学生、みんなで学びながら。

 

さて、現地に行って得た情報から次回の授業に展開していきます!

ページのトップへ

PAGE TOP

ページのトップへ

オープンキャンパス

閉じる