新着情報NEWS

2016年09月20日

【生涯学習センター】「葉隠」史跡探訪

「葉隠」史跡探訪

9月17日(土)に西山正廣先生による「『葉隠』史跡探訪」が開講されました。

「葉隠」にまつわる佐賀市内の史跡(主に神社・お寺)を探訪するツアーでした。

本学の近くにある「本庄神社」では、神主の方から鍋島家にまつわるお話とともに、肥前鳥居と呼ばれる珍しい工法による鳥居や敷地内の建築物などの説明をいただきました。高伝寺が神社の真南にあたり、当時の殿様が神社にお参りする様子などを思い浮かべることができました。

慶誾寺(けいぎんじ)では、竜造寺家・多久家の関わりやその後の湛然和尚(たんねんおしょう)が高伝寺を出て隠居生活をするきっかけになった出来事などをお聞きすることができました。

昼食では、葉隠・湛然の里として町おこしをしている方が営業しているお店でお食事をいただきました。

その後、通天寺を訪れ、恰幅の良い住職より湛然和尚のお話や葉隠にかかわる人々のお話しを伺いました。さらに湛然和尚の色彩座像や山本常朝などの肖像画などを拝見しました。また、湛然和尚を佐賀にとどめるために腹を切った上使、武士を300年以上にわたって供養し続けている「腹切り地蔵」が心願成就の場としても知られており、皆さんの願い事を書いたお札をかけてきました。

そよかぜ館で買い物をしたのち、予定通り、無事短大に到着しました。

ページのトップへ

PAGE TOP

ページのトップへ