新着情報NEWS

2020年11月09日

【生涯学習センター:旭の未来学講座】大切にしたい乳幼児期

【親子講座】大切にしたい乳幼児期

2020年11月5日(木)10:45~11:45 相浦雅子教授による「大切にしたい乳幼児期」が本庄公民館と共催で開講されました。

「となりのトトロ」をこよなく愛する相浦先生の柔らかな声が、あっという間に会場を包み、終始和やかな雰囲気で講座は進みした。「絵本が大事」「言葉は理解できなくても、子どもは親の心は理解できる」「『答える』ではなく、どこまでも『応える』ことで自己肯定感を高める」など、珠玉の言葉で、今しかない子育て期の大切さを話す姿が印象的でした。

目の前で楽しそうに遊ぶ子どもの姿から、「子どもの心」を分析し、「今どのような心でいるのか」について、具体的に教えていただきました。本講座で、参加者の心の土台(裾野)がさらに広くなり、親と子の距離が密になっていくのが、見えるようでした。「愛されている実感」は、子ども自身が感じること、「安心」は目に見えないこと、親の非言語コミュニケーションこそ積極的に働きかけることなどについて、教えていただき、子どもに対する見方・考え方が、より深く、より温かくなることができた時間でした。会場を後にする微笑ましい親子の姿が、本講座を物語っていました。

ページのトップへ

PAGE TOP

ページのトップへ