新着情報NEWS

2021年03月14日

国際ソロプチミスト佐賀中部クラブ様から留学生が表彰されました。

受賞したのは、福祉とソーシャルケアコース 2年生のWIN AYE(ウインイ)さん。

ミャンマー出身の彼女は、留学生の中で最年長。

彼女が生まれ育った故郷は、雨季になると川が氾濫して通学路が寸断されるために、学校を卒業すること自体が難しいところ。そんな中、大学まで進学し、結婚、出産を経験した彼女は、村の高齢者の暮らしを良くする使命をもって、日本へ留学する決意を固めます。日本語を猛勉強して、日本語検定試験の二級を取得しました。

令和元年、ミャンマーからの留学生として、介護福祉士になる夢をもって本学に入学してきました。

介護福祉士になったら、家族と共に暮らし、子どもに日本の教育を受けさせたいという夢を一歩一歩進めてきました。信仰心の厚い彼女には、介護福祉士は天職です。

国際ソロプチミスト佐賀中部の皆様が、彼女の話を聴き、実際に会って感動され、「クラブ始まって以来、留学生を対象にするのは初めてのことだけれど、彼女こそ、『夢を生きる賞』にふさわしい」と推薦されました。

先日、国際ソロプチミスト佐賀有明クラブ様より表彰された濱博子さんは、九州・山口地区85クラブから推薦された表彰者の中で、さらに『未来へつなぐ賞』10名にも選ばれ、4月以降に再度表彰される予定です。

 

ページのトップへ

PAGE TOP

ページのトップへ