こども学科

  • こども教育(小・幼・保)コース
  • こども保育(幼・保)コース
  • 学びの道
こども教育<小・幼・保>コース

3つの免許・資格の取得を通して、これからの教育・保育に必要なスキルをしっかりと身につけます。

子どもたちを取り巻く環境が大きく変わろうとしている今、保育園・幼稚園から小学校にかけての教育の連続性が特に重視されています。
こども教育〈小・幼・保〉コースでは、2年間で、小学校教諭、幼稚園教諭と保育士の3つの免許・資格を取得できます。それぞれの場面での保育や教育に関する学びを通して、さまざまな現場で、この円滑な接続を支える教育者・保育者を養成します。

こども保育<幼・保>コース

保育現場のニーズをキャッチしながら、乳幼児保育や地域の子育て支援のスペシャリストを養成します。

社会の変化に伴って、これまでの幼稚園・保育園の仕組みが大きく変わろうとしています。その中で、保育者には、子どもの保育を行うとともに、子育て中の保護者や家庭に対する支援を行う大切な役割があります。こども保育〈幼・保〉コースでは、低年齢児からの保育を深く学ぶとともに、子育てサポート基礎資格を導入し、子育て支援が出来る保育者を養成します。

学びの構成

学びの構成

学びの構成

学びの道

  • こども教育(小・幼・保)コース
  • こども保育(幼・保)コース
  • 学びの道