学科・コースSUBJECT

こども未来学科

こども保育コース(保育士・幼稚園教諭二種)

学びのポイント

「認定絵本士」養成講座2021年開設!(申請中)

佐賀女子短期大学こども未来学科こども保育コースでは、2021年度より「認定絵本士」養成講座を開設します。(申請中)
この講座は絵本専門士委員会(事務局・国立青少年教育振興機構)より認定を受けた教育機関が開設するものです。

子育て支援ユニットの学び
子育て支援の実践者になる

家族のありかたや育児力について講義で学び、さらに子育て支援の現場見学やボランティアなどの実践を通して、現状と課題を理解し支援のスキルを身に付けます。

取得できる資格
  • 子育てサポート基礎資格(本学認定)
教授 相浦 雅子

子どもたちの育ちは、保護者の育てにより保障されなくてはいけません。けれども、現代の保護者達は、様々なプレッシャーを抱え、多くのストレスの中で必死に子育てに取り組んでいます。だからこそ、このような保護者を支えていく人と場所が必要なんです。子育てサロンやファミリーサポートセンターなどがその場所となっていますが、保育所や幼稚園のように知られてはいません。子育て支援ユニットでは、保育所や幼稚園とは違う形で子育てを支えている方々の話を聞いたり、実際に子育て支援イベントに参加したりしながら、現代の子育て支援の実際について学んでいきます。

発達支援ユニットの学び
困り感のある子どもたちに寄り添う

発達障がいを持つ子どもたちやその家族が困っていることを学び、保育や幼児教育の現場でできる支援の方法について理解を深めます。また、実習を通して子どもたちと触れ合う経験を重ねていきます。

取得できる資格
  • 子ども発達支援士(基礎)
准教授 中山 政弘

子どもたちは大きくなる中で、言葉を話したり、体を動かすなど出来ることがどんどん増えていきます。
最近話題になっている「発達障害」を持つ子どもたち、もしくはその可能性がある「気になる」子どもたちは、多くの子どもたちと比べて出来ることがゆっくりと増えていくため、家庭や園での生活の中で子どもたち自身が困っていることがあります。
佐賀女子短期大学の発達支援ユニットでは、子ども発達支援士の資格を取る上で、発達障害などの発達が気がかりな子どもたちの基本的な理解を基に、実際の支援の方法を学びます。
また同時に、その保護者への寄り添い方についても、さまざまな授業の中で学んでいきます。

保育表現ユニットの学び
保育に最も大切な表現力を高める

保育に欠かせない表現の力。歌やピアノ、ダンス、造形などそれぞれの技術向上にとどまらず人間的魅力を深め、さらに総合的な表現技術を高めて保育の力を付けていきます。

取得できる資格
  • 保育表現技術認定資格(本学認定)
准教授 大江 登美子

保育者になりたいと思っているみなさんからは「絵を描くことが苦手」「ピアノが上手く弾けない」という声を聞くことがあります。高度な技術で描いたり演奏したりすることも大切ですが、もっと大切なことは身の回りのことやものに感動する心、感じる心です。
保育表現ユニットではいろんなことやものに触れて、聴いて、身体を動かすことから始め、思いのままに表現することの楽しさを感じることを大切にしています。その楽しさを知っている人は子どもたちに寄り添って、子どもたちの表現を引き出し、受け取れる人になることができます。そして子どもたちに感動を与える人になることができます。私たちと一緒に子どもの表現を育む人になりましょう。

他に取得可能な免許・資格
  • レクリエーション・インストラクター(協会認定)
  • 社会福祉主事任用資格
古川 絵里子さん

佐賀県 伊万里高等学校 出身
伊万里市立 大川保育園 勤務

現在1・2歳児クラスを担当しています。まだまだ勉強しなければならないことばかりで、研修なども多いですが、子どもたちのために頑張っています。行事の準備など、周りの先生方に相談しながら経験を積ませていただいています。
短大で勉強したことが毎日の保育と重なることが多く、「こういうことだったんだ!」と実感することばかりです。在学生のみなさんも勉強や実習を頑張ってくださいね。きっと現場で生かされますよ!

アドミッション・ポリシー

  1. 「順和、礼譲、敬愛、奉仕」の学園訓に共感し、女性の可能性を広げ、地域社会の発展に貢献しようとする人
  2. 本学の学びに必要な教養と基礎的知識・技能を備え、主体的に学ぼうとする人
  3. 他の意見を聴く姿勢を持ち、自ら考えて判断し、それをわかりやすく伝えようとする人
  4. さまざまな人とコミュニケーションをとり、積極的に協働しようとする人
  5. 乳幼児が大好きで、保育のスペシャリストになりたい人
  6. 感性が豊かで、いろいろな遊びを工夫できる人
  7. 子どもや家族の福祉に興味・関心がある人

ディプロマ・ポリシー

  • 「順和、礼譲、敬愛、奉仕」の学園訓を身に付け、女性の可能性を広げ、国際・地域社会の発展に貢献できる人。
  • 保育者としての使命感と豊かな人間性を持ち、常に子どもに寄り添い、子どもを尊重することができる人。
  • 保育者としての専門的知識や実践的技能を修得し、様々な側面から子どもを理解し、国際・地域社会における今日的なニーズに対応できる人。
  • 保育者として求められるコミュニケーション能力と人間関係を調整する能力を身に付けている人。
学科・コース

ページのトップへ

PAGE TOP

ページのトップへ

オープンキャンパス

閉じる